ハロー張りネズミ 2話 漫画の感想

ハロー張りネズミ 2話を読んだ漫画の感想

こんな仕事まで請け負うのですね。通常、探偵に何かを依頼するシチュエーションと言えば、家出人や行方不明者の捜索、浮気調査や素行調査、結婚や入社前の身元調査ぐらいしか思い浮かびません。

ハロー張りネズミの1話では、一般的な人捜しとは少し違ってはいたものの、誰にでも起こりえるであろう家族愛がテーマでした。

ところが、2話では普通の生活ではあり得ないようなヤバそうな依頼が舞い込んでしまった。

よそが断った案件も引き受けるというあかつか探偵事務所ですが、さすがに所長のかおるさんも詳細を聞く前から断りモードだったのに…。

そこは、困った女性を見るとほっとけない五郎です。

想像通りというか、あんな風に暗い表情でどこか影のある美人が相談に来たら、断るわけがありません。軽い。軽すぎます。また吹越満さんです。

吹越さんは、最近ドラマで見かける事が多いです。

今年に入ってからだけでも、「探偵・日暮旅人」、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」、「花実のない森」とあらゆるドラマで見かけます。

しかも、ストーリーに絡んでくるキーパーソン的な役柄が多いから要注意なんですよね。今回は蘭子の味方のようですが、どうなるかは怪しいです。

そして、五郎やグレと同じ臭いがする人物が登場。軽くて、いい加減そうで、エロイ。南です。演じているリリー・フランキーさんがハマっています。

とても「東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン〜」を書いた人とは思えないです。

南が手がかりとなる書類を見つけたところで、まさかの爆発シーン。

あんな大規模な爆発の中、南は無事なのか?

ドラマだから大丈夫だとは思いますが、ワクワクします。

これぞ探偵ドラマ!という展開になってきました。